住宅ローンの金利優遇とは?

ローンの支払いをしている方の中で借り換えを考えているご家庭もあるかと思います。
借り換えとは、違う金融機関に住宅ローンを移す事です。
借り換えをする事で、ローンの返済額が減ったりします。
ですが、借り換えをして必ずメリットがある。
という訳ではありません。
なぜなら、借り換えにもそれなりの金額がかかるからです。
無料で借り換えが出来る金融機関はほとんど0でしょう。
借り換えを考えている時はそういった事も含め返済シュミレーションなどを利用し借り換えをした場合メリットがでるのかどうか、事前に調べると良いです。
住宅ローンを申し込みする時、強制加入する保険があります。
この保証会社とは「団体信用生命保険」という保険になります。
団体信用生命保険という保証の内容は、ローンを組んでいる世帯主にもしもの事があった場合、残りのローン残額が0になる保証です。
これは残された家族にローンの負担がかからない様にする特別処置です。
どの保証会社かはその銀行によって違いますが保証料は銀行が負担してくれる所が多いです。
自分が保証料を支払う必要はないので、安心して住宅ローンを組む事ができます。
フラット35という名前の住宅ローンフラット35の様に、毎月の返済額が変わらないローンは安心ですよね。
35年間支払い額が変わらないのが最大の特徴です。
特殊といっても、誰でも申し込みは可能です。
ただそんなフラット35の審査は、フラット35のローン審査は、一般的な物と少し目の付けどころが違います。
また、それに加えフラット35の審査特徴として住宅の価値を審査される。
という点が加わります。
担保として十分かどうか、という点を重視する。
という事です。
一般的なローンはそこまで価値を重視しないので、フラット35の特徴的な審査方法です。
住宅ローンの支払いをしていると思いもよらない現金が手に入る事もあるかと思います。
その様な時は場合は是非、繰り上げ返済を検討してください。
繰り上げ返済とは月々のローンとは別のもので、まとまった金額を返済する事です。
繰り上げ返済をすれば、元のローン残金を減らす事が出来ますので、返済金そのものを減らす事ができます。
元金が減るので、月々の返済額も少なくなります。
繰り上げ返済をする時には手数料がかかる場合とかからない場合があります。