アベノミクスと住宅ローン金利が安いことの関係は?

景気の回復とともに、これら住宅ローンの金利もいつかは上がるものと考えられています。
その一つのこととして、デフレ経済を打破することを目的として考えられている「アベノミクス」を例としてあげることが出来るでしょう。
これら経済の見直しを目的として考案されている「アベノミクス」ではありますが、長期住宅ローンを組みこまれている方にとっては、金利が上昇したとしても、驚くような金利状態になることは、まず考えられにくい状態です。
さらに、デフレからインフレ状態に変わることに対しても、簡単にはインフレ時代がやってくる状況には、現在の日本の経済状況は考えにくいようになっていますから、そう大幅な住宅ローン金利が上がることを心配する必要がない状態であると言えます。
http://www.mortgage-kinri.com/