フラット35審査の仕組みとは?

フラット35は、民間の金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供される住宅ローンと言われていますが、これは共同で融資をするという意味ではありません。
まず、フラット35と提携している民間の金融機関が審査を行い融資を決めます。
この審査に合格したら、次に住宅金融支援機構の審査を受けます。
2回目の審査に合格したら、提携金融業者との賃貸契約を住宅金融支援機構に買い取ってもらうことで契約が成立するという仕組みになっています。
ですから場合によっては、提携金融機関の審査が通っても住宅金融支援機構の審査に落ちるということもあります。
フラット35の場合、住宅金融支援機構の審査で不承認が出てしまうと、一定期間はフラット35の買い取り申請ができなくなってしまうので、なるべく承認率が高い金融機関を選ぶ必要があります。